蜜柑とユウウツー茨木のり子異聞-

倚りかかるとすれば/それは/椅子の背もたれだけ

『倚りかからず』『自分の感受性くらい』など多くの清冽な詩で知られる茨木のり子。
「現代詩の長女」と呼ばれ戦後の女流詩人の先頭に立ってきた彼女には、隠された素顔があった。
20歳で迎えた終戦。夫との運命の出会い。夫を喪ってからの30年の歳月……。
日々を丁寧に紡ぎながら、独りの暮らしを賑やかにすごした彼女。
死後に遺された一冊の詩集をめぐる物語。

長田育恵による2015年「グループる・ばる」への書き下ろし作品。
第19回鶴屋南北戯曲賞 受賞作。

仕様[B5版/一段組/本編136ページ]


・グループる・ばるについて
http://www.lebal.jp/about/

・当公演のDVDは下記にてお求めください。
プリエールウェブショップ
http://www.priere.jp/shop/

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。